• ヘアスタイル

サロンワーク脳内再生 宮本隼輔[MR. BROTHERS CUT CLUB]編

美容師にとって、実はサロンワークって「ここはどうする? こうしてみよう!」 の自問自答の繰り返しなんです。お仕事中の美容師の目線を盗み、頭蓋骨を割って、ひらめきと決断の数々をあらわにしてみました。今回は、東京・原宿のアメリカン・バーバースタイルで人気の『MR. BROTHERS CUT CLUB』宮本隼輔さんに密着!

動画で見るならこちらから!

サロンワークの一連の流れはこちらの動画からチェック。

写真で追いかけるならこちらから!

速度制限中のあなたは、こちらから写真で追いかけて。

▲今日のお客さまは、1年以上前から宮本さんが担当しているカイ君。
「友達の友達から紹介されて、最初怖かったけれど、入ってみたらとてもフレンドリー! 仲間と一緒に来たりします」
▲まずは分け目から。最初に分けてディスコネで切るのが基本です。そうすると、スタイリングが楽で崩れない。カイ君は以前、つむじに向かって後ろ上がりのラインで、クラシカルな雰囲気だった。
▲今回はこう、水平に分けて今っぽく。ラインがガタつくのは最悪だからきっちりと。前は分け目を剃り込むのが流行ったけど、もうそれはいいかな。
▲前は高い位置まで刈り上げた「スリックバック」っていうスタイルだったけど、今は伸ばしているんだよね。
▲このあたり、低めの位置からグラを入れて上をかぶせる「ローフェード」でいこう。
▲オーバーセクションのウエイトラインを粗切りしまーす。伸ばし中だから、飛び出た毛を整えるくらいに。
▲続きまして、上下に分けて、下をつくっていきましょう。クリッパーを使う前によーくぬらす、これ大事。
▲0.8ミリで、コームに乗せてカット。さっき粗切りしたウエイトラインを整える。
▲バックは四角くつくる人もいるけど、俺はラウンド派。
▲コームの返し具合で、下から上へ、だんだん長くなるように……。ハサミですると「刈り上げ」といい、クリッパーでつくると「フェード」っていうんだよ。知ってた?
▲1.5ミリのアタッチメントをつけて、刃の開閉で長さを調整しながら形を決めます。時にはクリッパーを裏返したり……。きめ細かいでしょ?
▲形がだいたいできた。粗歯でなじませていこう。刈った部分に自然なグラデーションがつくように、濃淡を整えよう。
▲頭の形いいね! 絶壁の人だったら、下から上へ大きく反らせて髪で膨らみをつけるんだけど……。
▲カイ君の場合は骨格を生かせばO‌K!
▲形はほとんどできました。
▲ハサミで細かいところを整えよう。
▲質感調整。サイドは後ろへ流すのが基本なので、バイアスパネルでセニングを入れます。アンダーはクリッパーですでになじませてあるから、オーバーを中心に。
▲前髪は、ふわっとポンパドールにしたいから長めの前下がりに。
▲オーバーの中間〜毛先にセニングしとくね。これだけでスタイリングのしやすさが全然違うから。
▲あとは際をはっきりさせます。はっきりさせるのがいいんです。
▲俺と同じもみあげにしていい? やったー。
▲襟足の形もいろいろあるけど、スクエアが好みかな。
▲あとさ、生え際剃ってもいい? 後ろへ流すなら絶対その方がきれいだから。
▲ライン際はちょっと刈り込んで。ライン際はちょっと刈り込んで。
▲はいできた、ドライ〜。分け目でディスコネしてるから、乾かすだけで自然に分かれるよ。つなげちゃうとこうはいかないよ。
▲仕上げはポマードで。フロントとサイドは後ろへ流して。最近のポマードは水性だから、落とすのも楽でしょう? スプレーみたいに固まらないのもいいよね。
▲ポマードを塗った後は、このアフロコームが役立つのだ。
▲できた! 古! 古くてかっこいい‼
▲完成〜

やっぱり動画で見たくなったらこちらから再生!

【過去記事一覧】 サロンワーク脳内再生 大元慎一郎[BRIDGE]編はこちらから サロンワーク脳内再生 張替慎伍[AFLOAT]編はこちらから ※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年6月号にて掲載した記事を転載したものです。

2018.04.05
宮本隼輔[MR. BROTHERS CUT CLUB]

みやもと・しゅんすけ/1990年生まれ。埼玉県出身。ベルエポック美容専門学校卒業。バーバーサロン『MR. BROTHERS CUT CLUB』原宿店に勤務中。

share
“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

昨今メンズヘアの中で広がりを見せるのが、ナチュラルテイストのスタイリング。適度なセットカと、やり過ぎない素髪...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

突撃! となりのカット・カリキュラム
第4回 MI...

突撃! となりのカット・カリキュラム 第4回 MI...

 カットにこだわりを持つサロンは、カット教育において何を重視し、カリキュラムをどのように組んでいるのか。 ...

突撃! となりのカット・カリキュラム 第2回
SC...

突撃! となりのカット・カリキュラム 第2回 SC...

 カットにこだわりを持つサロンは、カット教育において何を重視し、カリキュラムをどのように組んでいるのか。 ...

magazine

pagetop