• トピックス

アジアリージョン リアリティヘアショー/インターコワフュール

来秋の世界大会へ機運を盛り上げる
アジア各国の美容家たちが華麗に競演


 インターコワフュール アジアリージョン(柿本榮三代表)は10月27日㈫午後3時より、東京都品川区の品川インターシティホールでアジア リージョン リアリティヘアショーを開催した。

 来年9月に中国・上海で開かれるインターコワフュール・モンディアル世界大会(ワールドコングレス)を控え、アジアリージョンの交流を深めて世界大会へ向け盛り上げていこうと、ICDジャパン(鈴木英理子会長)の協力を得て行なわれた。

 オープニングはICD世界副会長も務める柿本代表による開会の挨拶で幕開け。アジア、ヨーロッパ、北米などICDを構成する各リージョンが紹介され、アジア リージョンの活動目的である「インターコワフュールの名のもとに『技術』『人材』『文化』の交流を通じてアジアの美容の未来を築いていくこと」をふまえて、アジアリージョン加盟国(中国、香港、インドネシア、日本、韓国、シンガポール、台湾、タイ)ならびにフューチャーメンバー国(マレーシア、スリランカ、ベトナム)がイントロデュースされた。アジア加盟国の代表者や日本の賛助会員(㈱アリミノ、P&Gジャパン㈱サロンプロフェッショナル事業、資生堂プロフェッショナル㈱、タカラベルモント㈱、ホーユー㈱、㈱ミルボン、日本ロレアル㈱)の代表者が壇上で紹介された後、クラウス・ピーター・オクス世界会長による挨拶を経て、ステージが始まった。

 トップバッターは日本から「チーム・シニヨン」。板谷裕實(ITAYA)、計良宏文(SHISEIDO)、古久保幸治(VINGTANS hair&make)の各氏がシニヨンスタイルを中心に圧巻の技術とデザインを披露。「ICDジャパンチーム」は秋元 武(IN-FLAP cuthouse K)、荒川憲司(ん太郎)、鈴木吉昭(AZ)の各氏がメンズヘアを交えた創作を発信。続く「ナショナル・ギョーム・ファンデーション」のステージは日本と台湾によるコラボレーションと、日本の次代を担うホープたちによる創作。「チーム青山」は有村雅弘(imaii)、加賀裕章(backstage)、小松利幸(ANTI)、古里オサム(Of Hair)の4氏が熱演。「ナイト オブ ザ スターズチーム」は大林博之(ASCH)、北村 賢(COUER de CELLIER)、白坂春光(VISAGE)の3氏がアップスタイルを作り上げた。大トリは来年の世界大会ホスト国である中国チームが華麗なステージで盛り上げた。


開催の意義を語る柿本榮三・アジアリージョン代表
挨拶するクラウス・ピーター・オクス世界会長
日本ならではの繊細かつ大胆な創作が続々と披露された
世界大会は来年9月、中国・上海で開催される
2015.10.27
share
第54回 高津ヘアフェスティバル

第54回 高津ヘアフェスティバル

主催/高津理容美容専門学校(古武一成理事長) 日時/2020年9月28日(月)11:15 場所/なみはや...

「ビューティーワールド ジャパン」@大阪、10月19...

「ビューティーワールド ジャパン」@大阪、10月19...

主催/メッセフランクフルト ジャパン(株)(梶原靖志社長) 日時/2020年10月19日(月)~10月21...

magazine

pagetop