• トピックス

重陽の節句~即位礼正殿の儀~装束としきたり

主催/国際文化学園 衣紋道高倉流東京道場(荘司礼子会頭)
日時/2019年9月4日(水)13:00
場所/衣紋道高倉流東京道場(東京都渋谷区)

国際文化学園衣紋道高倉流東京道場は、定期的に節句の会(セミナー)を開催しており、このたび「重陽の節句」を東京道場にて開催した。当日は、宗会頭・仙石宗久氏が「重陽の節句」と「即位礼正殿の儀」について解説。「即位礼正殿の儀」は、即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式であり、令和元年10月22日に、皇居正殿において斎行される予定。仙石氏は、天皇と皇后が儀式の際に昇る高御座と御帳台の紹介をはじめ、装束としきたりについても装束現物を披露しながら説明を行なった。儀式が翌月に迫っていることもあり、受講生の関心は非常に高く、会場は満席に。報道陣が駆けつけていたことからも、その関心の高さがうかがえた。

解説をする仙石宗久氏
2019.09.24
share
Q.なぜ1年ごとに棚卸しをするの?

Q.なぜ1年ごとに棚卸しをするの?

美容室まわりの雇用と労務、開業の方法、さまざまな権利などについて、気になる疑問を解決します。

8月・9月美容トピックスまとめ

8月・9月美容トピックスまとめ

2019年8月・9月に開催された美容ギョーカイのマニアックなニュース一覧をひとまとめ。最新記事はもちろん、過...

magazine

pagetop