• トピックス

衣紋道高倉流たかくら会東京道場 節句の会 「重陽の節句〜菊被綿」

節句の会
「重陽の節句〜菊被綿」

 衣紋道高倉流たかくら会東京道場(荘司礼子会頭)は9月2日㈪午前9時30分より東京都渋谷区の東京道場(学校法人 国際文化学園8号館)において、「重陽の節句」の会を催した。 今回は、五節句の一つで、9月9日の「重陽の節句」とその際に行なわれる「菊被綿(きくのせわた)」について、宗会頭の仙石宗久氏が講話。単衣(ひとえぎぬ)やはだか衣、大腰袴を着用したモデルで、装束の変遷の一部を紹介した。参加者らは菊被綿をつくり、菊にちなんだ装束を見学した。

装束の変遷を解説する
宗会頭の仙石宗久氏(右)
2013.09.02
share
産学連携就職情報交換事業記者会見

産学連携就職情報交換事業記者会見

主催/公益社団法人 日本理容美容教育センター 日時/2020年2月19日(水)15:30 場所/公益社団...

LONDON SPECIAL STAGE

LONDON SPECIAL STAGE

主催/(株)ミューズ(石村雅彦代表) 日時/2020年2月18日(火)19:00 場所/WALL&WAL...

magazine

pagetop