• トピックス

「2014クリエイティブヘアコレクション」 /NPO法人 ヘアスタイリスト協会

線と面の普遍的な美しさに満ちた新たなシニヨンスタイルを披露

 ヘアスタイリスト協会(以下HS/井上陽平創立会長)は7月22日㈫午後1時より、東京都新宿区の京王プラザホテルにおいて、「2014クリエイティブヘアコレクション」を開催した。
 
 冒頭、「第34回HS杯 2014チャンピオン・シップ」として「ザ・カット」「ザ・メン」の両カットコンテスト競技が行なわれ、129名の出場者が、日頃の練習の成果を発揮すべく、熱い戦いを繰り広げた。
 
 競技終了後には、「2014 クリエイティブヘアコレクション」を展開。HSが打ち出す同コレクションの今回のテーマは、「Chignon labyrinth/シニヨンラビリンス」。導入の映像では、シニヨンのデザインの原点であるとして、「メビウスの帯」を紹介。その普遍的な線と面の美しさと、最新の感性や技術が融合したシニヨンスタイルが、コレクションの中で次々と披露された。
 
 まず、今回のテーマをストレートに体現した3人のモデルが登場。バックのタイトでなめらかな面と、高くねじり上げたシニヨン、その先から落ちる毛束の描くやわらかな線が、洗練された印象を生みだしていた。次に登場した12人のモデルは、ステージ上でコレクションメンバーによって華やかにアレンジされ、会場はその高い技術力にくぎづけとなった。最後は、サイドやバックに編み込みが施されていたり、シニヨン部分の形状が輪になっていたりするなど、より斬新なデザインに仕上げられた12人のモデルが登場。シニヨンの新たな魅力が詰まったステージとなった。
 
 表彰式では、「ザ・メン」「ザ・カット」の各賞が発表された後、井上創立会長よりHS杯2014チャンピオンが発表された。総評において、同会長は、「ウイッグを使った「ザ・メン」では、上手にはさみが使われていたが、4年ぶりにモデルを使って開催した「ザ・カット」では、人体ならではの難しさが浮き彫りとなった。毛流をうまくつかみ、モデルに似合うシルエットをつくりあげることを意識してほしい」と述べた。
 
 おもな受賞者は、以下の通り(敬称略)。

線と面の普遍的な美しさに満ちた新たなシニヨンスタイルを披露
華やかなコレクションの様子

【2014 ザ・カット】
HS杯2014チャンピオン 正宗千洋(西洋髪結)
ゴールドプライズ 第1位/井山恵介(brick)第2位/土井文人(ems)
シルバープライズ 第1位/角田大輔(INOUE) 第2位/益子和喜(masago)
クリスタルプライズ 第1位/汰木亮介(SALON68) 第2位/鰐渕美香(WONDER) 第3位/藤ヶ崎芳美(西洋髪結)

【2014 ザ・メン】
優勝 西村梨奈(masago)
準優勝 第1位/安齋美幸(INOUE) 第2位/北野広大(WONDER)
優秀作品賞 第1位/中村優希(INOUE) 第2位/林 功騎(ELRHODES) 第3位/篠原拓也(西洋髪結)


2014 CREATIVE HAIR COLLECTION 出演スタイリスト(敬称略)
正宗 卓、鈴木吉昭、綿引 勉、竹内久喜、白川 徹、古山典弘、須佐仁美、宮部なおみ、守谷雅弘、佐藤 誠、武田英之、目黒智一

 

スタイリストとモデルが全員集合

 

大会総評を述べる井上陽平創立会長

 

左から「ザ・メン」優勝の西村梨奈さん、
「ザ・カット」チャンピオンの正宗千洋さんとモデル
2014.07.22
share
10月・11月美容トピックスまとめ

10月・11月美容トピックスまとめ

2019年10月・11月に開催された美容ギョーカイのマニアックなニュース一覧をひとまとめ。最新記事はもちろん...

2019 NHDK特別セミナー

2019 NHDK特別セミナー

主催/美協日本ヘアデザイン協会(横田敏一代表) 日時/2019年11月12日(火)14:00 場所/(株...

magazine

pagetop