• トピックス

第6回理美容甲子園・関東地区大会 /関東地区理容師美容師養成施設協議会

 関東地区理容師美容師養成施設協議会(山形正喜会長)は7月25日㈮午前10時より、群馬県前橋市のヤマダグリーンドーム前橋において「第6回全国理容美容学生技術大会(愛称:理美容甲子園)」の関東地区大会を開催した。共催は、公益社団法人日本理容美容教育センター(鈴木正壽理事長)。
 
 理美容甲子園は、「“美”と“癒し”の技術を持って人を幸せにする理容・美容の世界と、それに向かって励む学生たちの姿を通し、理容師・美容師養成施設の教育のすばらしさを広く一般に知っていただく」という趣旨により、平成21年より開催されている。
 
 今年は10月28日㈫に北海道札幌市で開催される全国大会を目指し、全国11の地区における地区大会には、231校・4,000人を超える理美容学校生が出場している。
 
 関東地区大会には、茨城県・栃木県・群馬県・千葉県・埼玉県・神奈川県・山梨県の7県から39校が参加。各校の代表選手は、1種目につき最大5名までという制限があるため、校内予選を勝ち抜いた学生のみが集結し、開会式では競技種目別に色分けされたユニフォームを着用した555名の選手が整列した。
 
 競技は、理容部門はミディアムカット・ネイルアート・チャレンジアートヘア・ワインディング、美容部門がカット・ネイルアート・アップスタイル・ワインディングの各種目、加えて養成施設学生と中学・高校生両部門のヘアデザイン画部門において、全国大会出場を目指して競われた。
 
 厳正な審査の結果、理容部門は各種目上位4名が、美容部門は上位12名、ヘアデザイン画部門は両部門とも上位10名が全国大会へ選出された。なお、特筆すべきこととして、理容部門ワインディングの1位作品が100点満点を獲得した。

学校名のプラカードのもとに選手が整列し、
選手宣誓により競技への緊張が高まった

 

理容部門ワインディング種目における100点満点の作品
2014.07.25
share
10月・11月美容トピックスまとめ

10月・11月美容トピックスまとめ

2019年10月・11月に開催された美容ギョーカイのマニアックなニュース一覧をひとまとめ。最新記事はもちろん...

2019 NHDK特別セミナー

2019 NHDK特別セミナー

主催/美協日本ヘアデザイン協会(横田敏一代表) 日時/2019年11月12日(火)14:00 場所/(株...

magazine

pagetop