• トピックス

滝川奨学金制度 第2期サマースクール実施報告会 /滝川㈱

 滝川㈱(滝川睦子社長)は8月6日㈬午後12時30分より、東京都台東区の東天紅上野本店において滝川奨学金制度 第2期サマースクール実施報告会を開催した。
 
 同社は2012年に、東日本大震災の被災者に対する奨学金制度を設立。2013年に第1期奨学生9名、2014年に第2期奨学生9名が理美容師になる夢の実現のため、返金不要の奨学金を受けて専門学校に入学し、勉学に励んでいる。
 
 このたび開催されたサマースクールは同奨学金制度の一環で、昨年に引き続き研修施設「伊豆ビューレック」(静岡県伊東市)において合宿形式で行なわれたもの。奨学金の趣旨に賛同する全国美容週間実行委員会の協力を得て、奨学生の計18名が2泊3日の学習と寝食を共にし、理美容への夢と志を高め合った。
 
 報告会で滝川社長は、「震災に遭っても夢を諦めなかった、その負けない心は夢をさらに強くしたと思う。負けない心で進み、魅力ある理美容業界をつくっていく人に育ってほしい」と挨拶した。
 
 サマースクールで講師の1人を務めた西原清隆氏(美容週間2014年度実行委員長)は、「皆さんの成長は目覚ましかった。中でも、美容週間から参加した7人のうち、アシスタント3人は近い将来の見本になったという感想が多かった。この合宿は、未来の扉を開ける鍵となる体験だったのでは」と述べた。また同氏は、奨学生同士が深夜まで練習に付き合ったり、夢を語り合ったりなど、サマースクールで深まった絆についても触れた。
 
 奨学生からは、「実際の営業での仕事ぶりが勉強できた」「アシスタントさんのフォローの仕方が参考になった」「自分の目指す将来像がより具体的になった」と、合宿の充実ぶりを伝える感想が数多く聞かれた。
 
 来春に専門学校に入学する第3期奨学生については、11通の応募があり審査を経て9名が決定する。滝川奨学金制度は、合計27名の奨学生を数える2015年で終了となる。

理美容師を目指す意味を確かめ合った
ディスカッションの様子

 

奨学生にカット実演する美容週間本部講師の川合清文氏
2014.08.06
share
10月・11月美容トピックスまとめ

10月・11月美容トピックスまとめ

2019年10月・11月に開催された美容ギョーカイのマニアックなニュース一覧をひとまとめ。最新記事はもちろん...

2019 NHDK特別セミナー

2019 NHDK特別セミナー

主催/美協日本ヘアデザイン協会(横田敏一代表) 日時/2019年11月12日(火)14:00 場所/(株...

magazine

pagetop