• トピックス

新ヘアカラー剤発表会とセミナー/コタ㈱

新ヘアカラー剤発表会とセミナー

 東証一部上場美容メーカーのコタ㈱(小田博英社長)は7月27日㈪に京都市の京都劇場で、翌28日㈫には東京都渋谷区のヤマノホールにて、新ヘアカラー剤『MOCAREDE(モカレド)』の発表会と、同カラー剤の監修を務めたカラリスト・西海洋史氏(CALON)による特別セミナーを開催した。
 『MOCAREDE(モカレド)』はMODE(モード)とCARE(ケア)を組み合わせた造語で、同社が約5年前から開発を進めてきた。西海氏が携わったのは約3年前。冒頭、挨拶に立った山崎正哉取締役は「西海氏の全面的な協力をいただき、低アルカリでありながら素晴らしい発色を実現するカラー剤が完成した。業界トップの製品に仕上がったと自負している」と述べ、開発を主導した同社研究部課長・酒井一真氏は「直接染料ではなく酸化染料を用いて“輝きを放つ鮮やかな発色”をテーマに研究・開発を進めてきた」と製品化までのエピソードを交えながら「MOCAREDO」の概要を説明した。
 続いて登場した西海氏は「今、お客様が求めているカラーは『ぱさつきやすい既染毛をきれいに発色させる』『繰り返し施術を受けてきたカラー毛をダメージなしで染める』の二点に集約される。それらのニーズに応えながら、頭皮に対する刺激を抑える事に成功し、カラー後の髪の手触り感が良好なカラー剤」と話し、「お客様にも美容師にも、色が出る楽しさ、喜びが感じられるカラー剤ができたと思う」と述べた。
 また、西海氏はヘアカラーメニューでサロン売上を伸ばすというテーマで持論を展開。「リタッチをやっている限り、売上は伸びない。サロンカラーだったお客様がホームカラーへ変わっていく理由の一つにも、サロンでのリタッチがある。それと、時短。90分だった施術が85分になったとしても、お客様は時短だとは思わない。70分にまで短縮できれば実感していただけるが、5分や10分程度の短縮は理解してもらえない。リタッチをリングルカラーに変える、シングルカラーをホイルワークに変える、カラーメニューにツヤの出るカラーメニューを加えるだけでサロンの売上は上がる」などと語り、受講者は熱心にメモを取っていた。

『MOCAREDE』(モカレド)の監修者・西海洋史氏が講師を務めたコタ㈱の新カラー剤発表会とセミナー
2015.07.27
share
産学連携就職情報交換事業記者会見

産学連携就職情報交換事業記者会見

主催/公益社団法人 日本理容美容教育センター 日時/2020年2月19日(水)15:30 場所/公益社団...

LONDON SPECIAL STAGE

LONDON SPECIAL STAGE

主催/(株)ミューズ(石村雅彦代表) 日時/2020年2月18日(火)19:00 場所/WALL&WAL...

magazine

pagetop