• ヘアスタイル

【連載】フォトジェニックなフォトシュートテク
自然光で撮影編 メイクアップ①

どうせ撮るなら、撮られるなら、フォトジェニックがいい。光や、シチュエーション別などで変わるヘア&メイクと、最適な撮影方法をジャッキーさん[AFLOAT]が伝授します。連載の第1回は、「自然光編のベースメイクのつくり方」。いま、もっともナチュラルに見えるヘアとメイク、そしてフォトシュートとは?

自然光で撮るための、
いまっぽいナチュラルなヘアメイク

自分でメイクをしようとすると、気になるところをどんどん塗り重ねて、厚ぼったい肌になったり、もしくは塗ったつもりが薄塗りで、隠したいところが透けたままだった……! そんなのどっちも避けたい事態ですが、メイクが日常の女性には「あるある」でもあります。今回から紹介する「自然光で撮影する」ことを想定したナチュラルメイクは、普段のメイクでも参考になることが満載です。 ジャッキーさんがつくるベースメイクの基本は、「必要なところだけ」にとどめること。決して全体を厚塗りしすぎず、部分的にすることで、「やりすぎない抜け感メイク」をつくります。

自然光で撮るための、<br />
いまっぽいナチュラルなヘアメイク

いまっぽいナチュラルメイクをつくる
ベースメイクのポイント

ではさっそく自然光で撮影するシチュエーションを想定した、「いまっぽいナチュラルメイク」の方法を見ていきましょう。今回は、ベースメイクのテクニックから。

いまっぽいナチュラルメイクをつくる<br />
ベースメイクのポイント
まずは乳液タイプのベースを手やブラシで肌にしみこませるようになじませていきます。その際、目元は厚塗りするとくずれやすくなるため、できるだけ薄くのばしましょう。
いまっぽいナチュラルメイクをつくる<br />
ベースメイクのポイント
撮影の場合はライティングによって目元に影ができるので、リキッドタイプのコンシーラーで目まわりを明るくします。クマや、小鼻、口元も同様にカバーします。
いまっぽいナチュラルメイクをつくる<br />
ベースメイクのポイント
さらに気になる部分は、固形タイプのコンシーラーでカバー。このようにファンデーションの厚塗りしないためのベースをつくっておきます。
いまっぽいナチュラルメイクをつくる<br />
ベースメイクのポイント
ファンデーションは軽いつけ心地のものを選びます。首元で色をチェックしたら、ファンデーションの必要なところにだけブラシでなじませていきます。
いまっぽいナチュラルメイクをつくる<br />
ベースメイクのポイント
お粉をのせる前に、チークを自然な血色になるようにこの段階で仕込みます。クリームタイプのチークを頬骨の高い位置からなじませます。濃くしすぎず、ほんのりと赤みをプラスする程度に。時間が経つと、メイクがなじむので、ヘアを仕上げた後にチークも最終的に仕上げます。
いまっぽいナチュラルメイクをつくる<br />
ベースメイクのポイント
お粉はやわらかいブラシを使って、マットになりすぎないよう、ふんわりと肌の表面にのせます。
いまっぽいナチュラルメイクをつくる<br />
ベースメイクのポイント
ハイライトクリームで、ツヤ感をプラスします。目元、鼻すじ、あごなど、光の欲しい部分にうすくのばしましょう。

自然光で撮影するときのためのメイクアップテクニック①

次回は、アイメイクのテクニックを公開します。お楽しみに!

2017.05.31
ジャッキー
ジャッキー
[AFLOAT]

1978年生まれ。香川県出身。香川理容美容アカデミー卒業後、香川県内2店舗を経て、2008年『AFLOAT』入社。現在『AFLOAT D’L』ヘアクリエイター。

share
自分の髪が好きになる新発想の髪質改善トリートメント「...

自分の髪が好きになる新発想の髪質改善トリートメント「...

ストレートでも酸熱トリートメントでもなく、システムトリートメントでもない、新発想の髪質改善トリートメント「ヒ...

【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

2年ぶりに帰ってくる、ルベル/タカラベルモント(株)主催のコンテスト「id」。実際の大会を前に、Zoomを使...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

抜群の透明感が出せるから繰り返し楽しめる『大人のデザ...

抜群の透明感が出せるから繰り返し楽しめる『大人のデザ...

明るい髪色をずっとキープしながら、白髪もしっかりカバーしたい。そんな願いをかなえてくれるヘアカラー剤「edo...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

昨今メンズヘアの中で広がりを見せるのが、ナチュラルテイストのスタイリング。適度なセットカと、やり過ぎない素髪...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

色がきれいに抜けない、ダメージにつながったなどの苦い経験がある人も多いのが、ブリーチ。オンカラーでは思い通り...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

2015年の国連サミットで採択されて以来、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」。ヘアサロ...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

【美容室のブランディングに活用!】サロンオリジナルオ...

【美容室のブランディングに活用!】サロンオリジナルオ...

『オイルスタジオ』は、好きな香り・質感・パッケージ・オリジナルラベルを選んで、サロン独自のヘアオイルを制作、...

<成功サロン事例>集客につながる!「サブリミック」の...

<成功サロン事例>集客につながる!「サブリミック」の...

サロンケアによる顧客満足度上昇や単価アップだけでない、「サブリミック」が新規集客にも効果的な理由について、導...

JHA2021グランプリ受賞! DADA CuBiC...

JHA2021グランプリ受賞! DADA CuBiC...

 月刊誌『HAIR MODE(ヘアモード)』が制作・配信する動画配信サービス。長年、美容師向けの出版物を発行...

12色のうたうヘアカラー
2019 summer ...

12色のうたうヘアカラー 2019 summer ...

タカギタカオが贈る、2019年夏の曲は「アメノチアメ」。ドラマティックに奏でる楽曲に注目!

magazine

pagetop